ポーギーとベス

久々に演奏会に!


演目はG・ガーシュインのオペラ「ポーギーとベス」


打楽器ではシロフォンのオケスタでおなじみの、ですよね。

このblog、音楽関係ではない方も沢山読んで下さってるとのことなので、ご説明。。
「オケスタ」っていうのは「オーケストラスタディ」の略で、
オーケストラの色んな曲の難しい部分を取り出したパッセージのことです。
それがオーケストラのオーディションに出るという訳でして。
オーケストラをやりたい人は、日々オケスタの練習に励むのです・・。

この「ポーギーとベス」はそのオケスタのド!定番の曲で、
冒頭のシロフォン(木琴)のパッセージはどこのオーディションでも
必ずと言っていいほど課題にでてくるのです。


4月にこっちに来てから、町であちこちに宣伝のポスターが貼られていて、
これは是非観たいと思ってたので、念願かなってよかった!


会場は、カールスルーエ近くのバーデンバーデンという街で。
バーデンバーデンは保養地としても有名で、クアハウスがあったりするみたいです。

そしてなんと、そのバーデンバーデンまでの交通費はタダ!
というのも、学期ごとにゼメスターチケットを買うと、
一定の範囲内の鈍行電車、トラム、バスが乗り放題なのです。

幸運にもバーデンバーデンもその範囲内で♪♪

正規で買ったら107ユーロするゼメスターチケット、
初めて住民登録した時には、なんと、無料でプレゼントされるのです!いぇーい。

10月になったら私たちも(欲しければ)買わなきゃいけないけど、
107ユーロだったら安いですよね〜。

カールスルーエは交通の便が充実してるので、ほんと便利です。
バーデンバーデンまでも鈍行電車で15分くらい。近いです。


会場。
c0118237_7474016.jpg


会場のバス停名が「Festspielhasu Alter Bahnhof」(フェストホール 古い駅)
って書いてあったのでなんでかな〜って思ってたら、
この建物、昔は駅だったようです!改装してホールを作ったみたい。

c0118237_7471230.jpg

左下をよく見ると「Fahrkarten」て書いてますが、
これは「電車の切符売り場」という意味なのです(笑)

そこを今はチケット売り場にしてて。活用できるものですね〜。

c0118237_7484128.jpg



そして、オペラ。

歌詞・台詞はもちろん英語。
字幕は、、、もちろんドイツ語。

自分の語学力の無さか歌手の問題かわかりませんが、
英語の歌がほぼ聴きとれず・・。
菊氏も同じこと言ってたので、もしかすると・・歌・・なのかな!?!?


そんな中でもわかったことは、「ベスはワルい女だ」ということ(爆)


ドイツ語も読んで理解するまで時間がかかるので、ついてけないことがしばしば。。
帰ってきてネットでストーリーを調べたらちゃんとわかってなかったとこが多々。。
今更だけど、事前にストーリーを読んでおくべきだった(反省)


でも、歌手の皆さんも素晴らしかったし、ほぼ黒人のキャストでのゴスペルっぽい
合唱の部分はなんか感じるモノがありました。


言葉がわからなくても、音楽で伝わるってこういうことなのかなと。。



オーケストラは「ニューヨーク・ハーレムオーケストラ」

私たちの席からは残念ながらオーケストラピットが見えなかったので、
開演前に覗きに行くと・・・シロフォンの人、練習しまくり(笑)




で。




その肝心な部分はどうだったかというと・・・・

















正直、よく聞こえなかった。OTZ
















聴いてる場所によるのかどうかわからないけど、ホント、
かすかに木のマレットが木の鍵盤にふれる音が聴こえただけというか。。

でも、ふと思ったのが、オケスタを練習する時って
一人でそのパッセージしか弾かないから、そこだけに集中してしまうことが
多いけど、作品全体でみたらほんの一部分でしかないんだなって。

ポギベスのシロフォンも決してソロではないし、きっとユニゾンで動く弦楽器と
うまくマッチしてのかも!

そういうことが実感というか、再確認できた演奏でした。


この公演、実は1週間毎日!!あって、私たちが聴いたのは2日目でした。
最後2日は2回公演だとか!


シロフォン奏者さん、1週間オケ中でポギベス弾くってどんな気分やろう(笑)
ニューヨークハーレムオケだから、ガーシュインは慣れっコだったりするのかな!?



久々に行った演奏会、やっぱ生はいいなぁ〜。

今月は他にも行けそうなので、また報告しますね!





最後に、また食の話題(笑)

菊氏が帰って来てから2人で作った餃子!
c0118237_8364398.jpg

c0118237_837831.jpg

      盛り方が汚いのはお見逃しを〜〜。
c0118237_8372725.jpg


この夏休みに先輩と一緒に作って、レシピを教えてもらったので、再び挑戦。
ポイントは味噌。美味しゅうございました。



こちらは菊氏が日本から送ってくれた蕎麦!
c0118237_838978.jpg

つゆは、以前父から教えてもらった方法で。
しょうゆ、みりん(白ワインでもいいらしい)、砂糖で「かえし」を作り、
「だし」をとって、ざる蕎麦なら3〜4倍で割って「そばつゆ」に。
c0118237_8382830.jpg

      薬味はゴマとネギ。


う〜〜〜ン、やっぱりお蕎麦は美味しい!!!!!


緑のボールでそのまま食べてるのは「きゅうりの醤油甘辛漬け」
こちらは菊氏のお母様が昔よく作ってくれてたものを菊氏が再現してくれました。

本人はナニかが違うって言ってましたが、こちらもすごく美味しかったです。
我が家の定番になりそうです。

以上、食レポートでした(笑)


ではまた〜!
[PR]

by ayumi-john | 2008-09-06 09:06 | いろいろ